今まで捨てていた不用品をリサイクル会社に買取依頼してみました。微々たるお金ですが捨てるよりスッキリしました。

今まで捨てていた不用品はリサイクルショップで副収入!
今まで捨てていた不用品はリサイクルショップで副収入!

今まで捨てていた不用品。買取してもらえるかもしれません。

この春、子供が幼稚園に入園して、やっと一人の時間が持てるようになりました。そんな私がずっとやりたかったこと。それは、不用品の整理です。購入するときにできるだけ吟味して、不要なものは買わないようにして生きてきたつもりですが、子育てに時間をとられていた間に、散財してしまったいたようです。収納の中から、出てくる出てくる不用品の山!もう着ない服、使えるけど使わない大量の文房具、ボロボロの靴、チェーンの切れたアクセサリー、壊れた時計など、使えないわけではないけど…捨てるのはもったいないととってあった物たち。娘が生まれて家族が増えたこともあり、これから物は増える一方!ということで、今回は思い切って、大量処分を決めていました。

今までだったら、分別してゴミ袋に入れて、収集日にゴミステーションに出すはずの不用品たち…しかし、今回は古着は畳んで、その他のものは種類別に分けて、丁寧にダンボール箱に詰めました。それはなぜか?不用品の宅配買取に出すためです!先日何気なく夕方の情報番組を見ていたら、なんでも買います!と大手リサイクル会社の宣伝兼体験レポートが放送されていました。えっ!こんなものも買い取ってくれるの?と驚くようなものにも、1円や5円ですが値がついていました。私が一番衝撃的だったのが、使い古したお父さんのパジャマでした。これも1円で買取りされていました。捨てたら当然0円。いやいや、ゴミ袋が有料の時代なので、反対にお金がかかっているところ、微々たるものとはいえ、買い取って貰えるなら、捨てるもの惜しくない気がしませんか?

そのため、いつかは売りに出すこと、つまりは買取られることを前提に物を扱うと言うことをおすすめします。そう言っても、特別難しいことをする必要はなく、製品や商品を大切に使う、こまめに手入れをする、掃除をする、またそれが入っていた入れ物も大切に残しておく、説明書などの付属品も大切に保管しておく、という程度のことに気を付ければいいだけの話です。家電製品などは、物、状態が良くても、説明書がないだけで価格がつかないという場合がほとんどですし、ブランド品は、それが収納されていた袋なども商品として扱われている場合がほとんどです。これらの点に気を付けて物を使用すれば、それだけ、買取価格が高くつくかもしれませんし、仮に売りに出さなかったとしても、そうやって大切に使うことで、長くその製品を愛用できることになります。